要介護者の情報の共有化|作業の時間短縮を図る|介護保険ソフトで一気に計算できます

作業の時間短縮を図る|介護保険ソフトで一気に計算できます

2人の女性

要介護者の情報の共有化

介護

介護施設の職員一人一人は、要介護者の基本的情報を共有しておかなくてはなりません。ここでいう基本的情報とは要介護者の病歴や使用している医薬品、さらには普段食べている病人食などです。要介護者は何かしらの病気を持っていることが多く、それを知っておかなければ介護サービスや、突発的なトラブルのときに誤った行為をしてしまう危険性があります。要介護者の健康や命を守るためにも必要です。しかし、職員が要介護者全ての情報を覚えておくのは不可能に近いです。そのため、ITを用いて介護システムを構築してそこで情報を共有するようにしているところが多いです。デジタル化することで必要な時にすぐに情報を引き出すことができます。

その介護システムを利用するのに便利なのがタブレット端末です。持ち運びが簡単ですし、ネットと繋がっているため介護システムから情報を引き出すこともできます。特に、訪問介護では介護施設から離れて活動しているため、大量の紙媒体の情報を持ち運ぶ必要もありません。しかも、紙媒体と違ってデジタル化されているため、すぐに情報を得ることができます。小さなことと思われるかもしれませんが、情報を得るために時間も場所も選ぶ必要がないため、介護をしている人からすると大きな負担軽減となるのです。このように介護システムを構築することによって、要介護者の基本的な情報を共有することができ、より高度なサービスを提供できるようになります。